肝臓がんは自覚症状がない|突如現れる生命存亡の危機

女の人

注意すべき肺がん

最も発症しやすい肺がん

女の人

実は肺がんは、いくつかの種類に分類することができます。その中の1つに、肺腺がんという肺がんがあります。肺腺がんは肺がんの中で最も割合が多く、全肺がんの60%程度を占めると言われています。但し、男女別では差があり、男性が割合が全肺がんの約40%であるのに対し、女性は約70%と女性の方が割合は多くなっています。ただ、この割合は男女とも年々増加傾向にあります。肺腺がんの代表的な症状は、空咳や痰、喘鳴です。また、胸に痛みも感じます。但し、これらは発症初期には、ほとんど現れない症状です。つまり、肺腺がんは発症しても最初は自覚できませんから、早期発見、早期治療のためには医療機関で検査を受ける必要があるのです。肺腺がんは進行すると転移しやすいため、早期発見、早期治療は極めて重要です。

喫煙習慣との関係

喫煙習慣と肺がんの発症が深く関係しているということは、多くの人が共有している認識です。事実、喫煙習慣がある人の肺がんリスクは喫煙習慣がない人に比べると、男性で4.4倍、女性で2.8倍という報告もあります。しかし、肺腺がん関しては、喫煙習慣との因果関係は薄いとされています。実際には喫煙習慣がある人の方が発症リスクは高いのですが、それでも男性で2.3倍、女性で1.4倍にとどまっています。ちなみに他の種類の肺がん、扁平上皮がんの場合、男性で11.7倍、女性で11.3倍です。このように全肺がんの中で最も割合が多い肺腺がんが喫煙習慣と必ずしも関係していないわけですから、喫煙していないから肺がんの心配はないと考えずに定期的に検査を受けるべきなのです。