肝臓がんは自覚症状がない|突如現れる生命存亡の危機

女の人

名医に任せよう

病棟

もし、自分が肺腺がんにかかってしまい、治療を受けてもらおうとしていた病院で治療は出来ないと匙を投げられてもあきらめてはいけません。がんは様々な病院で専門的な研究がおこなわれている病気です。その治療技術は病院によって大きく違い、中にはその一定のがんに対して特に治療技術が高い病院があります。肺腺がんでも例外ではなく、名医と呼ばれるような方々が在籍しており、近隣から患者が殺到する人気の病院があります。名医たちは肺腺がんを初めとする肺がん治療のエキスパートとされていて、手術支援用のロボットを導入して実用化させた方や、治療時のナビゲーションシステムを開発した方など様々な業績をもった医師がいます。このような方々が、がん医療の成果の向上に努めているのです。

がんの治療では手術による治療法、抗がん剤による治療法、放射線による治療法と主に3種類の治療法が取られます。しかし、肺腺がんを初めとする肺がんに関しては症状が風邪と似ているために発見が遅れることが多く、見つかった時には約7割の人が手術が出来ないほどに進行してしまっています。その為、手術での治療以外でいかに肺がんを治療できるかが大切です。最近ではこれらに追加して第4の治療法として免疫治療法が肺がんには効果が高いことが分かっており、注目されています、特に免疫チェックポイント阻害薬は抗がん剤に代わる治療法になると期待されています。免疫チェックポイント阻害薬は従来の抗がん剤に比べると副作用がとても小さいのが特徴です。